NAS を開始する
  • PDF

NAS を開始する

  • PDF

VPC環境で利用できます。

NASを開始する(VPC)では、NASの使用環境を確認し、全体使用シナリオ用語を熟知してから、NASを正常に使用するためにユーザーがすべきことを説明します。NASを開始する(VPC)で説明する内容は次の通りです。

  • サーバ作成方法
  • サーバアクセス環境の設定方法
  • サーバにアクセスする方法
  • NASボリュームの作成方法

サーバの作成

NAVERクラウドプラットフォームコンソールでサーバを作成する方法は次の通りです。

注意

ここでは、サーバの作成方法を簡単に紹介します。詳細は、Server作成ガイドをご参照ください

  1. NAVERクラウドプラットフォームコンソールにアクセスします。
  2. Services > Compute > Serverメニューを順にクリックします。
  3. Serverメニューをクリックします。
  4. [サーバ作成] ボタンをクリックします。
  5. サーバイメージを選択し、[次へ] ボタンをクリックします。
  6. 必要な情報を入力し、[次へ] ボタンをクリックします。
  7. 認証キーを設定するか新規で認証キーを作成し、[次へ] ボタンをクリックします。
  8. ACGを作成するか新規で ACGを作成し、[次へ] ボタンをクリックします。
  9. 最終確認し、[サーバ作成] ボタンをクリックします。

サーバアクセス環境の設定

作成したサーバにアクセスするためにグローバル IPアドレスとファイアウォール(ACG)を設定し、サーバアクセスに必要な管理者名およびパスワードを先に確認します。

グローバル IPアドレスの設定

作成したサーバにアクセスするためのグローバル IPアドレスを設定する方法は次のとおりです。

  1. NAVERクラウドプラットフォームコンソールで、Services > Compute > Serverメニューを順にクリックします
  2. Public IPメニューをクリックします。
  3. [グローバル IPアドレスの申し込み] ボタンをクリックします。
  4. 適用サーバを選択し、[次へ] ボタンをクリックします。
  5. 最終確認し、[作成] ボタンをクリックします。

ファイアウォール(ACG)の設定

ネットワークアクセス制御のためのファイアウォールを設定する方法は次の通りです。

注意

ここでは、ファイアウォール(ACG)の設定方法を簡単に紹介します。詳細は、ファイアウォール(ACG)設定ガイドをご参照ください。

  1. NAVERクラウドプラットフォームコンソールで、Services > Compute > Serverメニューを順にクリックします。
  2. ACGメニューをクリックします。
  3. ルールを設定する ACGを選択し、[ACG設定] ボタンをクリックします。
  4. プロトコルアクセスソース/目的地許可ポート(サービス)を入力し、[追加] ボタンをクリックします。
    • ルールは100個まで追加できます。
  5. すべてのルールを設定し、[適用] ボタンをクリックします。

管理者パスワードの確認

サーバアクセスに必要な管理者パスワードを確認する方法は次の通りです。

  1. NAVERクラウドプラットフォームコンソールで、Services > Compute > Serverメニューを順にクリックします。
  2. Serverメニューをクリックします。
  3. 管理者パスワードを確認するサーバを選択します。
  4. [サーバ管理および設定変更] ボタンをクリックし、管理者パスワードの確認をクリックします。
  5. サーバ作成時に作成した認証キーファイルを添付します。
    • マウスでファイルをドラッグするか、ここをクリックしてください。 領域に認証キーファイルをドラッグアンドドロップして添付できます。
    • マウスでファイルをドラッグするか、ここをクリックしてください。 領域をクリックし、認証キーファイルを選択して添付できます。
  6. [パスワード確認] ボタンをクリックします。

サーバアクセス

サーバアクセスの準備をすべて完了してから作成したサーバ(Linuxまたは Windows)にアクセスできます。

Linuxサーバアクセスに関する詳細説明は、Linuxサーバアクセスガイドを、Windowsサーバアクセスに関する詳細は、Windowsサーバアクセスガイドをご参照ください。

NASボリューム作成

NASを使用するには、サーバ間の共有データ保存のための NASボリュームをまず作成する必要があります。NAVERクラウドプラットフォームコンソールで、NASボリュームを作成する方法は次の通りです。

  1. NAVERクラウドプラットフォームコンソールで、Services > Storage > NASメニューを順にクリックします。
  2. Volumeメニューをクリックします。
  3. [NASボリューム作成] ボタンをクリックします。
    nas-start-vpc_add_ko
  4. NASボリュームの作成の画面が表示されたら、以下の手順を順に行います。

1. ボリュームの作成

  1. 作成する NASボリュームの Zoneを選択します。

  2. NASボリューム名とボリューム容量を入力します。

    • ボリューム名はアルファベット、数字または英数字を組み合わせて3∼20文字まで入力できる
    • 顧客識別のために入力されたボリューム名の前に「n」で始まる顧客識別番号を自動作成
    • ボリュームの基本容量は500GB~10,000GBであり、100GB単位で追加可能
  3. NASボリュームに適用するプロトコルを選択します。

    • NFSを選択すると、CentOS、Ubuntuなどの Linuxサーバでマウントできる
    • CIFSを選択すると、Windowsサーバでマウントできる
  4. ボリューム暗号化の適用の有無を選択します。

    • ボリューム暗号化はボリューム別に適用され、最初の作成時のみ設定できます。
    参考

    NASのボリューム暗号化機能は、ボリュームレベルのソフトウェアベース暗号化技術を使用して保存されるすべてのデータを暗号化できます。

    • 固有暗号化キー(Unique encryption key): ストレージシステムで独自の管理(ボリューム別、AES-256アルゴリズムの適用)
    • 暗号化のモジュール(CryptoMod): FIPS-140-2レベル1の遵守
  5. ボリューム返却保護の要否を選択します。

  6. [次へ] ボタンをクリックします。

2. アクセス制御の設定

ボリュームの作成段階で選択したプロトコルに応じて設定画面の表示が異なります。選択したプロトコルに応じて設定を完了し、[次へ] ボタンをクリックします。

NFSプロトコルを選択時

NFSのアクセス制御設定画面が表示されます。全体サーバリストでアクセスを許可するには、サーバを選択し i-nas_right / i-nas_leftをクリックして追加や削除をします。

  • ACLの設定: Read / Writeに追加したサーバは、NASボリュームについて読み取りおよび書き込みのアクセス権限を持ちます。
  • ACLの設定: Read Onlyに追加したサーバは、NASボリュームについて読み取りのアクセス権限を持ちます。

CIFSプロトコルを選択時

CIFS認証情報の設定画面が表示されます。IDとパスワードを入力します。

参考
  • 最初の CIFSボリュームを作成時に1回のみ認証情報の設定が必要です(アカウントごとに1つ)。以降、CIFSボリュームの作成時には、設定された認証情報を確認し、[次へ] ボタンをクリックします。
  • CIFS認証情報の管理に関する事項は、CIFS認証情報変更をご参照ください。

3. 最終確認

  1. 設定事項を確認し、[ボリューム作成] ボタンをクリックします。
  2. NASボリューム作成のポップアップでマウント情報を確認し、[確認] ボタンをクリックします。
    • ポップアップに表示されたマウント情報を利用してサーバから NASボリュームをマウントできます。

この記事は役に立ちましたか?