Object Storage の使用準備
  • PDF

Object Storage の使用準備

  • PDF

Classic/VPC環境で利用できます。

Object Storageの円滑な利用のためのサポート環境、注意事項、利用料金を確認します。

クラウド環境のスペック

Object Storageがサポートするクラウド環境のスペックは次の通りです。

項目 サポートスペック
リージョン(ゾーン) 韓国、米国、シンガポール、日本、ドイツ
プラットフォーム VPC, Classic
言語 韓国語、英語、日本語、中国語(簡体字)
参考

VPC環境に関する詳細は、NAVERクラウドプラットフォームポータルのサービス紹介を、サービス別 VPC環境のサポート有無に関する詳細は、Ncloud使用環境ガイドをご参照ください。

制約事項

Object Storageの制約事項は次の通りです。

項目 スペック
作成可能なバケット数 1000個以下
オブジェクト名の長さ(フォルダパスを含む) 1024Byte以下
オブジェクトのアップロード/ダウンロード制限
  • コンソール : アップロード/ダウンロード可能な単一ファイルの最大容量は2GB以下
  • アップロード API(PutObject、UploadPart) : アップロード可能な単一ファイルの最大容量は10TB以下
  • ダウンロード API(getObject) : ダウンロード可能な単一ファイルの最大容量制限なし
  • 参考

    バケットの保存容量には制限がありません。

    利用料金

    Object Storageは有料サービスであり、利用料金はデータ保存量、APIリクエスト数、ネットワーク転送料金を合算して課金されます。

    • データ保存量の料金: Object Storageに保存されたデータ保存量と保存時間に応じた料金
    • APIリクエスト数の料金: Object Storageを使用するための APIリクエスト数に応じた料金
    • ネットワーク転送料金: インターネットを利用したアウトバウンド転送料金。VPC環境ではプライベートドメインを利用すると別途料金が発生。
    参考

    NAVERクラウドプラットフォームサーバ、CDN+、Global CDNとの内部ネットワーク転送料金は無料です。

    Object Storageの利用料金に関する詳細基準は、ポータルのサービス > Storage > Object Storageメニューやリージョン別の料金案内ページをご参照ください。


    この記事は役に立ちましたか?