詳細モニタリングポリシーを使用する
  • PDF

詳細モニタリングポリシーを使用する

  • PDF

Classic/VPC環境で利用できます。

NAVERクラウドプラットフォームでは、Cloud Insightと連携してObject Storageをモニタリングするように、詳細モニタリングポリシー機能を提供します。 バケットに詳細モニタリングポリシーを適用すると、対象バケットに対するAPIリクエストに関する指標が表示されます。収集された指標はCloud Insightで確認できます。 接頭辞と接尾辞を設定して指標集計対象を制限することもできます。

  • 1つのバケットにつき最大1,000個のポリシーを設定できます。
  • 詳細モニタリングポリシーを設定するには、まずCloud Insightの利用申込を行う必要があります。 Cloud Insightに関する詳細内容は、ポータルのサービス > Management & Governance > Cloud Insightメニューを参考にしてください。
  • 詳細モニタリングポリシーを通じて収集されたAPIリクエスト指標は、Object Storage料金に含まれるAPIリクエスト数とは別に課金されます。

Metric Management画面

詳細モニタリングポリシー利用のためのMetric Management画面の説明は、以下のとおりです。

objectstorage-use-metric_screen_ko

領域 説明
① メニュー名 現在確認中のメニューの名前
② 基本機能 詳細モニタリングポリシーの作成、Cloud Insightダッシュボードに移動、Object Storageの詳細情報の確認、Metric Management画面の更新
③ 作成後の機能 作成された詳細モニタリングポリシーの修正、削除
④ 詳細モニタリングポリシーリスト 作成された詳細モニタリングポリシーリストと情報を確認

詳細モニタリングポリシーリストの確認

作成された詳細モニタリングポリシーリストでポリシー別情報を確認できます。 確認する方法は以下のとおりです。

参考

作成された詳細モニタリングポリシーが1つ以上ある場合、リストを確認できます。 作成された詳細モニタリングポリシーがない場合は、Metric Management画面でリストが表示されません。

  1. NAVERクラウドプラットフォームコンソールで、Services > Storage > Object Storageメニューを順にクリックします。
  2. Metric Managementメニューをクリックします。
  3. 作成された詳細モニタリングポリシーリストが表示されたら、ポリシー別情報を確認します。
    objectstorage-use-metric_list_ko
    • 詳細モニタリングポリシー名:詳細モニタリングポリシーの名前
    • 対象バケット:詳細モニタリングポリシーを適用する対象のバケット
    • 接頭辞(prefix):管理対象のオブジェクトを制限する接頭辞
    • 接尾辞(suffix):管理対象のオブジェクトを制限する接尾辞

詳細モニタリングポリシーの作成

詳細モニタリングポリシーを作成する方法は以下のとおりです。

  1. NAVERクラウドプラットフォームコンソールで、Services > Storage > Object Storageメニューを順にクリックします。
  2. Metric Managementメニューをクリックします。
  3. [詳細モニタリングポリシーを作成] ボタンをクリックします。
  4. ポリシーの作成ポップアップが表示されたら、ポリシーを設定します。
    • ポリシー名:詳細モニタリングポリシーの名前を入力
      • ポリシー名はバケット別に固有でなければなりません。また、作成後には修正できません。
    • 対象バケット:詳細モニタリングポリシーを適用するバケットを選択
      • 1つのバケットにつき最大1,000個のポリシーを設定できます。ポリシーの作成後は対象バケットを変更できません。
    • 接頭辞/接尾辞:適用対象のオブジェクトを制限する接頭辞・接尾辞を入力
      • 接頭辞/接尾辞ルールは、フォルダとファイル名を含めオブジェクトのパス全体に対して適用されます。
        <例> 「/imgaes」を接頭辞として、「jpg」を接尾辞として適用すると/images/somepath/test101.jpgは集計対象になりますが、/images/somepath/test101.pngは集計対象外です。
  5. [ポリシーの作成] ボタンをクリックします。
    • 詳細モニタリングポリシーが追加されます。
参考
  • 詳細モニタリングポリシーの作成後に収集されるAPIリクエスト指標は1分単位で測定されます。集計遅延後はCloud Insightのウィジェットを通じて確認できます。 ウィジェットの作成に関する詳細内容は、Cloud Insightウィジェット作成ガイドを参考にしてください。
  • 収集された指標をCloud Insightで確認するまで少々時間がかかる場合があります。
  • 詳細モニタリングポリシーが有効化しているかどうかに関係なく、バケット指標(バケットサイズ、バケット内のオブジェクト数)はCloud Insightのダッシュボードで確認できます。 バケット指標が反映されるまで少々時間がかかる場合があります。

詳細モニタリングポリシーの修正

詳細モニタリングポリシーに適用した接頭辞と接尾辞を修正できます。 修正方法は以下のとおりです。

  1. NAVERクラウドプラットフォームコンソールで、Services > Storage > Object Storageメニューを順にクリックします。
  2. Metric Managementメニューをクリックします。
  3. 修正するポリシーを選択し、[修正] ボタンをクリックします。
  4. ポリシーの修正ポップアップが表示されたら、接頭辞と接尾辞を修正して [ポリシーを修正] ボタンをクリックします。
    • 詳細モニタリングポリシーリストに、変更された内容が反映されます。

詳細モニタリングポリシーの削除

作成された詳細モニタリングポリシーを削除できます。 削除方法は以下のとおりです。

注意

詳細モニタリングポリシーは一度削除すると、復旧できません。

  1. NAVERクラウドプラットフォームコンソールで、Services > Storage > Object Storageメニューを順にクリックします。
  2. Metric Managementメニューをクリックします。
  3. 削除するポリシーを選択し、[削除] ボタンをクリックします。
  4. ポリシーの削除ポップアップが表示されたら、[確認] ボタンをクリックします。
    • 対象バケットに対する指標収集が自動で停止され、詳細モニタリングポリシーリストから削除されます。

この記事は役に立ちましたか

What's Next