料金紹介
  • PDF

料金紹介

  • PDF

Classic/VPC環境で利用できます。

NAVERクラウドプラットフォームは、お客様が状況に応じて柔軟な事業運用ができるよう、実用性の高いサービスと時間単位の従量料金プランをご用意しています。お客様の立場に立ち、ユーザーが利用できるサービスと契約条件を最適に構築できるよう、様々な支援を行っています。NAVERクラウドプラットフォームが提供する合理的な料金プランを活用して最上のクラウドサービスを体験します。
料金紹介では、NAVERクラウドプラットフォームのサービスやソリューションを利用した際に発生する料金の請求基準と請求方法を説明します。

参考

このご利用ガイドで料金についてご不明な点が解決しない場合、ポータルのよくある質問(FAQ)をご参照ください。

料金紹介のコンテンツ

料金紹介で提供するコンテンツは次のとおりです。

  • ユーザーに配慮した合理的な料金プラン: NAVERクラウドプラットフォームの料金プランの特長やメリットを紹介
  • リージョン別の提供サービス: サーバの位置に応じたサービスと料金プランの紹介。詳細はリージョン別の料金プランを参照
  • 料金の照会と支払方法: 使用した料金を照会して支払う方法を紹介
    • サービス利用料金の照会
    • 自動決済手段の登録方法
    • 自動決済をサポートする金融会社
  • 予想料金を調べる: 料金計算機を使って料金の予想額を調べる方法を紹介
  • 新規登録特典: よりお得にサービスを利用できるようサポートするクレジットの紹介

料金算定の基準

NAVERクラウドプラットフォームはサービス別に利用時間、利用量、利用件数など様々な基準に基づいて料金を算定します。初期構築費用がかからないほか、使用した分だけ月単位で支払うのが基本原則であるため、料金計算機などを活用して最も経済的かつ合理的なソリューションを誰もが簡単に設計できます。必要に応じて使用後、自由に返却できます。

注意

NAVERクラウドプラットフォームのすべてのサービス料金に対するメータリングと請求基準は韓国ウォンです。


料金請求の基準

NAVERクラウドプラットフォームのサービスやソリューションを利用した際に発生する料金の請求基準と請求方法を説明します。
料金は、毎月1日から末日までの使用量を基準に算定します。算定された利用料金に対する請求書は、翌月3日に会員登録の際に入力したメールアドレスと携帯電話番号(または利用料金の案内を受けるために指定したメールアドレスと携帯電話番号)にそれぞれメールと SMSで送信されます。ユーザーに送信後、同月の10~14日に予め登録しておいた決済手段で最終的に自動決済が行われます。

注意

有料サービスは、利用しなくても作成した時点から利用料金が発生します。課金を望まない方は、直接コンソールで解約または返却を行ってください。返却しなかったことにより請求された料金は払い戻しできませんのでご注意ください。

参考

使用量を算定する毎月1日から末日までの期間算定は、韓国標準時(UTC+9)を基準とします。


予想課金の算定方法

為替レートに応じた通貨別料金が気になる場合、料金計算機で予想課金を算定できます。料金計算機は、ポータルの料金 > 料金計算機メニューを順にクリックするか、ポータル画面右下のフローティングメニューからも使用できます。

参考

料金計算機の詳細については料金計算機をご参照ください。


この記事は役に立ちましたか?