Object Storage 画面
  • PDF

Object Storage 画面

  • PDF

Classic/VPC環境で利用できます。

Object Storageメニューにアクセスするには、NAVERクラウドプラットフォームポータルにアクセスし、[コンソール] > Services > Storage > Object Storageメニューを順にクリックします。

Bucket Management画面

Object Storageの基本画面のBucket Management画面は、以下のように構成されています。

objectstorage-use-screen_screen_ko

領域 説明
① メニュー名 現在確認中のメニュー名、作成されたバケット数
② 基本機能 バケットの作成、Object Storageの詳細情報の確認、Bucket Management画面の更新
③ バケットリスト 作成されたバケットリスト
④ 作成後の機能 バケットの作成後、ファイルのアップロードとダウンロード、新規フォルダの作成、ファイル・フォルダの管理機能
⑤ 検索ウィンドウ バケットに保存されたデータをフォルダ名またはファイル名で条件検索
⑥ ファイルリスト バケットに保存されたファイルリストと情報を確認

ファイルリストの確認

選択したバケットに保存されたフォルダとファイルリストを確認できます。 確認する方法は以下のとおりです。

参考

作成したバケットが1つ以上ある場合、リストを確認できます。 作成したバケットがない場合は、Bucket Management画面でリストが表示されません。

  1. NAVERクラウドプラットフォームコンソールで、Services > Storage > Object Storageメニューを順にクリックします。
  2. バケットリストで希望のバケットをクリックします。
  3. フォルダ・ファイルリストが表示されたら、希望のファイルをクリックしてファイルの詳細情報を確認します。
    objectstorage-use-screen_filelist_ko
    • 名前:ファイルの名前
    • サイズ:ファイルのサイズ
    • 修正日:ファイルを最後に修正した日付
    • Link:ファイルを公開する場合、ウェブで見れる経路
      • 公開されたファイルは、経路をクリックするとウェブで開く
      • i-objectstorage_copyをクリックすると、経路をコピー
    • メタデータの管理:ファイルのメタデータリストを確認
    • 権限管理:ファイルを公開するかどうかと、利用権限が付与された他のアカウントリストを確認
      • i-objectstorage_enlargementをクリックすると、公開するかどうかの変更や、利用権限付与リストの修正が可能(権限管理を参照)
    • ロック管理:ロック設定されたバケットでのみ表示され、ファイルの保管期間と法的保管を有効化するかどうかを確認
      • i-objectstorage_enlargementをクリックすると、保管期間の延長や、法的保管ラベルの修正が可能(設定管理を参照)

この記事は役に立ちましたか