Usage
  • PDF

Usage

  • PDF

Classic/VPC環境で利用できます。

Papago Translationの使用量を確認して使用量をエクセルファイルでダウンロードできます。

Usage画面

Papago Translationの使用量を確認するには、NAVERクラウドプラットフォームコンソールでServices > AI Services > Papago Translation > Usageメニューを順にクリックしてください。
Usage画面は以下のように構成されています。

papagotranslation-use-usage_screen_ja

領域 説明
① メニュー名 現在確認中のメニューの名前
② 基本機能 Usageメニューに初めて進む時に表示される機能
  • [開発ガイド] :クリックするとAPIガイドページに移動
  • [商品の詳細を見る] :クリックするとPapago Translationの紹介ページに移動
  • [更新] :クリックしてページを更新
  • ③ 検索フィルタ 使用量照会のための検索フィルタ
    ダウンロード 照会した使用量をエクセルファイルでダウンロード(使用量の照会を参考)
    ⑤ 使用量グラフ 検索フィルタに応じて照会された使用量統計グラフ

    使用量の照会

    Papago Translation使用量を照会する方法は以下のとおりです。

    1. NAVERクラウドプラットフォームコンソールでServices > AI Services > Papago Translationメニューを順にクリックします。
    2. Usageメニューをクリックします。
    3. 使用量を照会するために、検索フィルタを設定します。
      • Application:使用量を照会するApplicationを選択
      • API:選択したApplicationに登録されたAPIの中から使用量を照会するAPIを選択
      • 照会期間:使用量を照会する期間をドロップダウンリストから選択
        • 目的の照会期間を直接入力したい場合、ドロップダウンリストで直接入力を選択し、期間を入力します。
    4. [照会] ボタンをクリックします。
    • [ダウンロード] ボタンをクリックすると、検索フィルタで設定したApplicationの全API使用量をエクセルファイルでダウンロードできます。
    参考

    Papago Translation使用量がない場合、 [照会] ボタンをクリックすると使用量の照会結果画面にデータなしというメッセージが表示されます。


    この記事は役に立ちましたか?

    What's Next