SourceCommit を開始する
    • PDF

    SourceCommit を開始する

    • PDF

    記事の要約

    Classic/VPC環境で利用できます。

    SourceCommitを開始するでは、SourceCommitの使用環境を確認し、全体使用シナリオ用語を熟知した後、SourceCommitを正常に使用するためにユーザーがすべきことを説明します。SourceCommitを開始するで説明する内容は、以下のとおりです。

    • SourceCommitの利用に必要なユーザー権限
    • 新しいリポジトリを作成する方法
    • 使用中の外部リポジトリをコピーする方法

    ユーザー権限

    ログインアカウントに応じたSourceCommitの利用権限を確認し、必要に応じてコンソールのServices > Management & Governance > Sub Accountメニューでサブアカウントの権限を設定します。

    • 顧客アカウント:SourceCommitのすべての機能を制限なく利用可能
    • 顧客が作成したサブアカウント:SourceCommitを使用するには、以下の権限のうち1つが必要
      • NCP_INFRA_MANAGER:顧客アカウントと同様にSourceCommitを含むNAVERクラウドプラットフォーム内のすべてのサービスを利用可能。ただし、マイページの一部管理機能を除く。
      • NCP_SOURCECOMMIT_MANAGER:SourceCommit内のすべての機能を利用可能
    参考

    サブアカウントにアクション(action)別の詳細権限を設定するには、以下の文書をご参照ください。

    リポジトリの作成

    NAVERクラウドプラットフォームのSourceCommitを使用して新しいリポジトリを作成する方法は、以下のとおりです。

    1. NAVERクラウドプラットフォームコンソールにアクセスします。
    2. Services > Developer Tools > SourceCommitメニューを順にクリックします。
    3. [リポジトリの作成] ボタンをクリックします。
    4. リポジトリの作成画面が表示されたら、以下の手順を順に行います。

    1. 基本設定

    1. リポジトリ名と説明を入力します。
    2. 初期化設定オプションを選択し、[次へ] ボタンをクリックします。
      • READMEファイルを自動作成するには、Add a READMEを選択します。
      • .gitignoreテンプレートファイルを作成するかどうかを選択します(基本設定:Add a .gitignore: None、作成しない)。
    参考

    リストでgitignoreプラットフォームタイプを選択すると、リポジトリを作成する際に選択したプラットフォームに該当する.gitignoreテンプレートファイルが自動作成されます。

    2. セキュリティ商品の連携

    File Saferサービスとの連携有無を選択します。

    • File Saferサービスとの連携を使用しない場合、[次へ] ボタンをクリックします。
    • File Saferサービスを申込し、リポジトリと連携するにはFILE SAFERの利用申込をクリックします。
    • File Saferサービスを利用中の場合、FILE SAFER(FILE FILTER)商品を連携するを選択し、 [次へ] ボタンをクリックします。
    参考

    File Saferを利用すると、リポジトリ内のソースファイルを配布する前にコミット単位で悪性コード感染の有無を検査し、ウイルス対策ソフトウェアの誤検知発生の可能性を確認できるため、より安全かつ便利に開発業務を実行できます。

    3. 最終確認

    設定したリポジトリ情報を確認し、[作成] ボタンをクリックします。

    参考

    リポジトリリストで新しく作成されたリポジトリの状態列に作成中が表示され、作成が完了すると、運用中が表示されます。

    外部リポジトリをコピー

    使用中の外部Gitリポジトリをコピーしてリポジトリを作成する方法は、以下のとおりです。

    1. NAVERクラウドプラットフォームコンソールにアクセスします。
    2. Services > Developer Tools > SourceCommitメニューを順にクリックします。
    3. [外部リポジトリをコピー] ボタンをクリックします。
    4. リポジトリの作成画面が表示されたら、以下の手順を順に行います。

    1. 基本設定

    1. リポジトリ名と説明を入力します。
    2. コピーするGit URLの入力欄に使用中の外部GitリポジトリのURLを入力します。
    3. 外部リポジトリの種類を選択します。
      • 外部リポジトリがパブリックリポジトリの場合、次の段階に進んでください。
      • 外部リポジトリがプライベートリポジトリの場合、プライベートリポジトリの有無を選択してIDとパスワードを入力します。
    4. Gitの接続確認項目の [確認] ボタンをクリックして正常接続を確認し、 [次へ] ボタンをクリックします。
      • 正常接続を確認すると、必須入力欄とフレームが緑色に表示され、[次へ] ボタンが有効になります。
    参考
    • 使用中の外部リポジトリのUIコンソールでコピーするGitリポジトリのURL及び認証情報を確認します。
    • 入力したGitリポジトリURLとの接続を確認する前には、次の段階に進むことができません。

    2. セキュリティ商品の連携

    File Saferサービスとの連携有無を選択します。

    • File Saferサービスとの連携を使用しない場合、[次へ] ボタンをクリックします。
    • File Saferサービスを申込し、リポジトリと連携するにはFILE SAFERの利用申込をクリックします。
    • File Saferサービスを利用中の場合、FILE SAFER(FILE FILTER)商品を連携するを選択し、[次へ] ボタンをクリックします。
    参考

    File Saferを利用すると、リポジトリ内のソースファイルを配布する前にコミット単位で悪性コード感染の有無を検査し、ウイルス対策ソフトウェアの誤検知発生の可能性を確認できるため、より安全かつ便利に開発業務を実行できます。

    3. 最終確認

    設定したリポジトリ情報を確認し、[作成] ボタンをクリックします。

    参考

    リポジトリリストで新しく作成されたリポジトリの状態列に作成中が表示され、作成が完了すると、運用中が表示されます。


    この記事は役に立ちましたか?

    Changing your password will log you out immediately. Use the new password to log back in.
    First name must have atleast 2 characters. Numbers and special characters are not allowed.
    Last name must have atleast 1 characters. Numbers and special characters are not allowed.
    Enter a valid email
    Enter a valid password
    Your profile has been successfully updated.